Home < 能仁(ニンイン)禅院 < 国寧寺(クッニョンサ)


  1) 浦二洞法堂
2) 国寧寺(クッニョンサ)
3) 国寧(クッニョン)大仏
4) (ドンニョンサ)(能院禅院の冠岳(クァナク)支院)
5) 竜蔵寺(ヨンザンサ)
6) 石竜寺(ソクヨンサ)
7) 海外支院
国寧寺(クッニョンサ)

三角山(サムカクサン)の霊峰、義相(ウイサン)峰に下に位置している 国寧寺 (クッニョン)はかつて新羅,華厳(ファオム)思想の大宗長で,元暁(ウォニョ)とともにペダルギョレ最高の名僧 らの精進ところ で有名な寺院 です。
誰が見ても天恵の明堂であることをひと目で感じさせる 国寧寺 (クッニョン)は衣装(ウィサン)と 元暁(ウォニョ)僧侶以来数多くの善智識らの精進寺院で名高いです
四冥(サミョン)大師が国に患難があることを予智して" 国寧侍 (クッニョンサ)が良くなければ国が良くなくて 国寧寺 (クッニョン)が崩れれば国が崩れる"といいながら護国祈祷寺院、,僧兵養成寺院で建設された86間 の大伽藍でした


当時 四冥(サミョン)大師は十天宇(宇宙全体を言う)を意味する10個の護国寺院を三角山(サムカクサン)要所要所に創建しました
特に1711年(粛宗(スクジョン)37年)三角山(サムカクサン)に北漢(プッカン)山城を築造する時, 八道都総摂(パルドドチョンソプ)だった 聖能(ソンニュン))僧侶と1713年清徹(チョンチョル)徹禅(チョルソン)僧侶 が新しく創建されたという記録が残っています
特に大仏周辺の磨崖仏は  高麗の末と 推定される年代未詳の作品で文献資料以前にも修行者らの精進の場所になったことが分かります。

 

 

各種の乱を体験しながら消失したことを歴史的な考証資料が発掘されることによってブッダの威信力で国が平安でブッダの光明が 全世界にいっぱいであるようにこの上なく大きい願力をたてられた能仁禅院(ヌンインソンウォン)院長智光(チグァン)上人が1998年復元 ,改造許可を得てベダルギェレの清浄帰依の場所になるように発願あげく 2004年10月改造仏事を完了しました。


復元改造仏事に参加される方々,そして一万仏殿仏事 と三千仏殿、玉仏仏事 に参加して下さったすべての仏教信者ら,その他に各種仏事に参加された仏教信者様の真心のこもった 功徳で 国寧寺 (クっンニョンサ)の荘厳な今日があることになりました 。千年祈祷寺院 国寧寺 (クゥンニョン寺)で体と心つくして,精進されてぜひ成仏して下さい