Home < 能仁(ニンイン)禅院 < 石竜寺(ソクヨンサ)


  1) 浦二洞法堂
2) 国寧寺(クッニョンサ)
3) 国寧(クッニョン)大仏
4) (ドンニョンサ)(能院禅院の冠岳(クァナク)支院)
5) 竜蔵寺(ヨンザンサ)
6) 石竜寺(ソクヨンサ)
7) 海外支院
石竜寺(ソクヨンサ)

東側に遠くしている 国寧寺 (クッニョン)がある名山である北漢山(プッカンサン)が見えるし、,かすかな南に神霊の漢江(ハンガン)がようようと流れる所に位置した能仁禅院(ヌンインソンウォン)一山(イルサン)支院石竜時(ソクヨンサ)は常に智光(チグァン)院長僧侶が一山(イルサン)地域に対する布教の願力を念願された所で2006年4月開院しました


都心布教を目的に建立された石龍寺(ソクヨンサ)は信仰生活の寺院, 懺悔の寺院、悟ることの寺院を実現するために次のような信仰活動を中心に運営されています
先に夜明け礼仏と巳の時(午前9時から11時まで)祈祷は毎日捧げて,毎月陰暦4日から13日までは前世から智らず智らず作った自身の業場を懺悔する慈悲道場懺法懺悔祈祷を捧げています。また毎週土曜日ごとに基礎教理及び経典研究班を開設したし, 一月に一回ずつを院長僧侶院が直接法文なさる時間も用意した。
開院するまで多くの困難があったが仏と菩薩様の加護で今は全てのものが 揃えられたから仏教信者皆さんの多くの関心と参加があればより一層如法ある寺院になるでしょう
仏教信者様胸ごとに永遠な生命のブッダの慈悲光明が常に共にするように祈ります

慈悲道場懺法

慈悲道場懺法というのは読経と懺悔のえしゃくを通じて,前世に作った業場を溶かして因果法を分かって,再び罪を犯さないように自身と約束をする 懺悔祈祷 です。

中国の梁(ヤン)の武帝(ミュゼ)が作ったことで、ある日死んだ皇后が訪ねてきて,現世で作った果報で青大将になったとし,済度 することを懇請して,この懺法を作って祈ることによって空に上がるようにしたという縁実話を含んでいます。

このように慈悲道場懺法で修行 した人は霊験を得て,罪がなくなって福を得ながら,死んだ人の魂を済度すれば苦しさから 脱する ことができるといいます
全部10冊になっていて毎日1冊ずつ読みながら,10日間祈祷を捧げます

問い合わせ : 031) 962-7557