Home < 院長智光 < 院長「智光(チグァン)」 のご紹介
院長「智光(チグァン)」 のご紹介

- 智光(チグァン)上人(能仁(ヌンイン)禅院院長)
- 韓国の教育・修行・奉仕・布教仏教の象徴的な存在
- (ー) 1950年韓国のカンワォンドワォンジュ生まれ


学歴

―ソウル高等学校
―韓国放送通信大学校(英文学―学士)
―東国(ドンクッ)大学仏教大学院(禅学―修士) 
―東国大学言論情報大学院(新聞放送学―修士)
―(ー)タイ国マハチュラホン大学(名誉哲学博士)
―ソウル大学大学院(宗教学―博士課程)


経歴(けいれき)

―韓国日報・Korea Times紙 記者
―智異山(チリサン)、徳有山(ドクユサン)などの禅房、洞窟にて修行
―ソウル瑞草洞(ソチョドン)にて布教院「能仁禅院」を開院(1984年)
―社会福祉事業の社会福祉法人「能仁総合社会福祉館」設立(理事長)(1988年)
―国内・国際布教の財団法人「能仁仏教宣揚院」設立(理事長)
―大学創立のための学校法人「韓国仏教大学院」設立(理事長)
―第12代大韓仏教曹渓宗(ゾゲゾン)中央総会議員
―東国(ドンクク)大学校仏教大学院兼任教授
― 律師(2005年松広寺(ソングァンサ)宝城(ボソン)僧侶より律脈の伝授を受ける)
― ボソンソンガンサから 血統
―現在韓国仏教最大の寺院である能仁禅院院長
Dharma Inherited the Vinaya Lineage from Venerable Bosung, Songgwang Temple (1995)


講義

―第1次 ハーバード大学校 招請「韓国仏教の本質」講演(’Andover Hall、 2000年)
―プリンストン大学校 招請「我々は映像自我の存在」講演(2002年)
―第2次 ハーバード大学校 招請「菩薩の大度」講演(Yenching Institute Hall)
―ニューヨーク寺庵連合会合同招請大法会(Flushing High School大講堂)
―ニューヨーク「佛光寺」(ブルクォンサ)招請法会
―ボストン「門修寺」(ムンスサ)招請法会
―第3回世界仏教青年フォーラムにて英語特別講演(2004年) 
―フランスソルボンヌ大「一つの考えと心」英語特別講演(2007年) 


受賞

―曹渓宗(ゾゲゾン)布教大賞受賞(1999年)
―曹渓宗社会福祉団体大賞受賞(2003年) 
―韓国政府から民主化有功者に選定(2005年)


著書

―求道者の歌(説法随想集1)-1990年
―明日の門はお祈りで開ける(説法随想集2)―永遠を目指し涅槃を目指して(教理書1)-1991年
―大く捨てる者は大く得る(説法随想集3)-1991年
―きみとぼくは二人ではない(礼仏文解説)-1993年
―苦しみも喜びも本来はひとつである(千手経解説)-1994年
―星、私アンドブッタ(教理書2)-2000年
―この世を照らす唯摩(ユマ)の光明(唯摩(ユマ)経解説)-2000年
―もぐさ灸と大宇宙の道(もぐさ灸治療解説)―()ー)2001年
―あの真っ青な空と私はひとつである(般若心経解説)-2002年
―永遠を歩む暁の英雄たち(暁法文1)-2003年
―暁の海に新しい帆を揚げて(暁法文2)-2004年
―永遠を愛する求道者(説法随想集4)-2005年
―ヤングブッダ(青年仏教大学教材)-2006年
―永遠なる精進、永遠なる前進(サイバー仏教大学教材1)ー2006年
―サイバースクール用仏教基礎教理(サイバー仏教大学教材2)-2006年
―永遠なる心の国(金剛経解説)-2006年