Home < 韓国の寺 < 法堂の礼儀

上壇.中壇.下壇の儀式

能仁禅院法堂には釈迦牟尼様と(ブッダの)左側に観世音菩薩,右側に地蔵菩薩様を仕えて,三尊仏様を仕えたところは上壇といいます
すべての儀式(斎,法会など)は上壇礼仏から始めます。上壇の供物は香り、ろうそく、茶、果物, 花, 摩旨(マジ:ブッダのご飯)なのに香りとろうそくは案内により使うようにします。
中壇はブッダの左側に壁面木彫り幀画で童眞(トンジン)菩薩を主尊で華厳神将を仕えたし,右側に熾盛光如來(チソンカンヨレ)とその眷属を仕えた席です
下壇はの法堂の後ろ方に先祖と縁がある 靈駕( 霊魂)の位牌を奉ったところで,法事を行って斎を弔う時 靈駕,(霊魂)に対する儀式をする所です

下壇は信仰の対象ではなくて遷度(薦導)の対象であり,追慕の対象です


礼敬

法堂に入ると,入口で敬けんな心を構えでおブッダに合掌しながら半拝して,適当な位置で三拝(敬拝)を上げます( 3拝,各壇に3拝,7拝...) その次には霊壇に3拝を上げます
(出られ時も同じで法堂の入り口に半拝して出ます。)
お辞儀をする方法は合掌して、そのまま低姿勢になって,両側膝を同時に折って,両手を同時に床に当てながら,手と足は膝から一直線にならせます。その時には額を床に当てて,両手は丁寧に何を浮かび上がって(手のひらを上にして)敬う形に耳の上まで上げます。3番目のお辞儀を終えて 低姿勢したまま合掌した(コトレといいます)後に立ち上がります。
立ち上がる時には低姿勢の時の動作を反対にします。


賽銭(さいせん)(仏銭)福田(ふくでん)

賽銭は法堂に用意された封筒に入れて,おブッダの前に合掌拝礼した後に賽銭(仏銭)函に入れて、また合掌拝礼して三,四歩後ずさりで退きます。義式、授業の終わりに精進(精勤)する時にも賽銭を入れます。斎を奉ったり法事を行ったりする時には霊壇に向かって,儀式の際に霊歌殿の福田函に福田を入れます


法堂での姿勢と行動

履物を脱いで,履物財布に入れた後に下駄箱に入れて番号を確認します
法堂内ではコートと,帽子は脱いで服のボタンはかけます。歩く時には 叉手(両手の指と指を組み合わせること) してつま先で立って歩きます。,座った姿勢では合掌したり.印を結びたりまたは叉手をしたりします。座る姿勢は結跏趺坐,半跏趺坐,またはあぐらをかいて体を立ててまさに座(すわ)らなければなりません。
御間 (寺の本堂や大部屋の中央に位置する間、 釈迦牟尼仏を正面から眺めるところ)で遅滞したりお辞儀をしたり対話をしたりしないし、御門で出入りしません。 座布団を踏まないでお辞儀をする時は祈祷タオルを準備されて座布団の上に置けば良いです。 あらわが激(はげ)しかったり、あんまり派手(はで)な服(ふく)を着(き)ません。


法文、法会の際の行動

法文の際には ウェカンで行ったり,行ってそわそわしたりしないし,事情があって遅れられた方々は法司様や参加する大衆が見る位置でお辞儀をしないで低姿勢になって移動して,できるだけ両側の列に最大限についてくれる合わせて座ったし、座った姿勢で3倍を上げます。
法文の際に出入りしなくて床の外側に座った方々も列を合わせて座ります。
礼仏と精勤はその姿勢が祈祷なので直ちに参加して法会をする時にも個人的な行動を一切しなくて直ちに法会に参加します。
下し木魚, 讃仏歌の前奏には半拝,  礼仏の毎段階 と念誦文 毎段階 のにも半拝をします。法司僧侶が出てこられる前に座らなければなりません。


経を扱う法

おブッダのお教えが入れられた軽は常に気を付けて扱うべきでどこにやけり飛ばしたり踏んだりしてはいけません。おブッダのお教えが入れられたすべての本はおブッダに向かうようにしなければなりません。内容に疑問があればよく分かる人に尋ねて悟るべきで,一人で考えで誹謗して投げてはいけません。仏教の雑誌や仏教新聞などもよく保管してあっちこっち転げまわらないように燃やしたり綴じたりします。


信者たちの互いの礼儀

呼ぶ時には○○○菩薩さん、○○居士さん、○○○信徒さんと言います。
法名があれば必ず法名を呼んであげます。
新入信徒に優しく迎えて親切に案内します
信徒を詐称して,仏教を悪口したり三宝をけなす人を見ればよく言い聞かせて,再び口業を作らなくて正法の世界に入るようによく導きます。
同僚信徒から大衆供養を受けた時は必ずありがたさのあいさつをします
法会や祈祷が終わった後には友たちと僧侶に合掌した後次のようにあいさつをします"成仏して下さい" "ブッダになって下さい"